トップLCDストレートスクリーン+5 nm神U+67 W、小米はついに底札を取り出し、米粉は待っていた。

iPhone 11からiPhone 13に変更してから、長期的にスマホをいじっている場合、OLEDはLCDよりも目の疲れを招きやすいことを深く意識しました。LCDは生まれつき全行程DC調光を支持し、低週波PWM調光による傷眼問題を根本的に根絶した。

スクリーンの素質よりも、スクリーンが快適に見えないことが気になります。携帯電話は通信ツールだけでなく、重要な娯楽ツールでもあるからです。ゲームをしたり、ビデオを磨いたり、小説を読んだりするには、長い間スクリーンを見つめなければなりません。目の快適さは実は重点的に注目しなければならない体験です。多くの人が赤米K 30 SのようなLCDスクリーンの旗艦を待っていますが、今やっと来ました。この製品は赤米Note 11 T Proです。そして何より、赤米Note 11 T Proは天玉8100機種の価格を1699元に引き下げ、再び底値を更新した。
問題が来ました。1699元の赤米Note 11 T Proは、結局買う価値がありますか?私たちは簡単に配置を見ます。コア性能では、赤米Note 11 T Proに搭載されているのは、天玉8100+LPDDR 5+UFS 3です。1、標準的な鉄三角配置。しかし、コストの考慮に基づいて、1699元で6 GB+128 GBバージョンしか買えません。3年間再戦したいなら、200元プラスして8 GB+128 GBバージョンを買うことをお勧めします。スクリーン麺では、赤米Note 11 T Proは高素質のLCDストレートスクリーンを搭載し、スクリーンリフレッシュ率は144 HZで、7段階のリフレッシュ率をサポートし、全過程DC調光+ハードウェアレベルの低ブルーレイ+原色スクリーンで、スクリーンの素質はかなり悪く、LCDスクリーンとしても十分です。赤米Note 11 T Proと赤米Note 11 T Pro+は同じLCDスクリーンを使用しています。違いは赤米Note 11 T ProにA+認証がないだけです。急速充電池では、赤米Note 11 T Proは67 W急速充+5080ミリアンペアの大電池を採用しています。電池容量はK 50より少し少ないが、K 50は2 Kスクリーンであるのに対し、赤米Note 11 T Proのスクリーン解像度は1080 Pしかなく、スクリーンの消費電力が異なるため、実際の航続表現はあまり悪くない。
週辺配置では、赤米Note 11 T Proはバケツマシンで形容できます。デュアルスピーカー、X軸リニアモーター、NFC、3.5 mmイヤホンホール、赤外線はすべて手配されており、ほとんど欠点はありません。また、カメラも悪くありません。メインカメラはGW 1で、6400 Wピクセルをサポートし、底は1/1.72インチです。最後に、赤米Note 11 T Proと赤米Note 11 T Pro+のハードウェア構成の違いは小さく、画面も同じA+画面です。前者が67 W+5080ミリアンペア、後者が120 W+4400ミリアンペアで、実用主義者はより安い赤米Note 11 T Proを選ぶことができるに違いない。
1699元で天玉8100+トップLCDの赤米Note 11 T Proをあげることができるのは間違いありません。小米の箱の底の底札です。私から見れば、この携帯電話が出ると、市場の多くの仙龍870機種は、K 40 S、小米12 X、小米10 Sなどの購入価値を失うことになります。盧偉氷は強くなって、本当に自分でも見逃さない。私がもっと感嘆しているのは、赤米Note 11 T Proは千元機として、意外にも明らかな欠点を見つけるのが難しくて、各方面は合格ライン以上です。この千円機を手に入れますか?一緒に討論することを歓迎します。【科学技術は生活態度である】

Related Posts

iPad mini7:库克终于舍得堆料了?

绝大多数平板电脑的尺寸都在10英寸以上,但iPad m…

残念ながら、iPhone 14はすべてUSB-Cインタフェースに縁がなく、待って党が勝者だ

正直に言うと、果物粉たちはiPhoneが古いlight…

iPad Pro 2022ほぼ確定:3大変更、フルーツパウダーお待たせ

デジタル製品には価格の区分がありますが、価格は常に使用…

腹をくくって塩魚をひっくり返すのか。金立P 50 Proが登場、ネットユーザーは「あまりにも真実」と呼び捨て

金立という国産携帯電話ブランドといえば、多くの人が使っ…

618携帯電話販売台数ランキング:iPhone 13販売台数は2位の8倍、アンドロイド党は若干の「破防備」

618期間中、アップルはあまり明瞭な宣伝はしなかったが…

iPad 9より買う価値のあるAndroidタブレット3選、アップルだけを見つめないで

前置きしますが、個人的には、2000元の価格帯のタブレ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。