天玉8100はどうして今年一番「気持ちいい」携帯電話のチップですか?3つの理由が鍵です

デジタル圏はすでに公認されており、天玉8100は今年最も使いやすいミッドレンジチップである可能性が高い。3年間交換しないと思うなら、なぜ仙龍8 Gen 1や天玉8100ではなく、天玉8100を選ぶことをお勧めしますか。理由は3点に分けることができます。
まず、天玉8100の位置決めは中端チップであり、台積電5 nm技術はちょうど中低週波負荷の下で、エネルギー効率が良好である。これは、A 15が省電力モードをオンにした後、CPUの週波数ダウン後のエネルギー効率比が52%向上した理由です。この場合、CPUの最高主週波数は2.85 GHzの天玉8100だけで、5 nmのエネルギー効率の優位性を正確に発揮することができます。正直に言うと、台積電5 nm技術は中低端チップに使うべきだと思いますが、高通がそうしたくないだけです。
第二に、ARM V 9アーキテクチャは基本的に反転し、A 710大核のエネルギー効率の実測はA 78大核に及ばない。A 78+A 55の古いアーキテクチャを採用した天玉8100は、アーキテクチャを変えていないのでかえって香りが高くなっています。クアルコムが逆方向にアップグレードしているだけでなく、ARMも腐っているとは思わなかった。また、A 78+A 55は32ビットアプリケーションを完全にサポートでき、性能の発揮が安定し、CPUスケジュールが正常である。ARM V 9アーキテクチャのA 510エネルギー効率コアは32ビットアプリケーションと互換性がなく、32ビットAPPを実行するときにA 710コアしか呼び出せず、消費電力が異常に上昇していることを多くの人が知らない。
第三に、内部の放熱システムがどんなに豪華であっても、携帯電話の放熱能力は、最終的には本体と空気が接触する表麺積にかかっています。GPU、CPUは6 W前後に満載されており、3 DMarkの安定性能は99%以上に達するなど、比較的合理的な範疇である。天玉8100のCPUフル消費電力は6.9 W、GPUフル消費電力は6 Wで、仙龍865に非常に近い。3 DMark安定性試験では、天玉8100の安定性は99.6%に達した。言い換えれば、天玉8100は放熱を積まなくても簡単に抑えることができ、適切な世代の神Uです。この3点だからこそ、天玉8100は口コミで逆襲し、仙龍870の真の反復神Uと呼ばれている。携帯電話の放熱条件は常に限られており、性能が強いだけでは役に立たず、エネルギー効率こそ携帯電話がスムーズで省電力であるかどうかを決める鍵となる。
筆者から見れば、2000元の価格帯では、天玉8100はかなり競争力がある。極客湾のチップエネルギー効菓図から、天玉8100の異なる週波数でのCPUエネルギー効菓は、現在のアンドロイド陣営の中で最も強いことがわかります。何よりも、天玉8100のエネルギー効率曲線は、アップルA 14とほぼ同じです。同じ2000元の予算でも、ほとんどの人がA 15以外に何の役にも立たないiPhone SE 3ではなく、天玉8100+120 HZのブラシ+67 Wの急速充電を選ぶと信じています。
簡単に言えば、天玉8100はりんごのミッドレンジ製品を動かすのに十分です。唯一の残念なことに、天玉8100のピーク性能は弱く、総合性能は竜888のレベルにしか達していないが、2000元のミッドレンジ市場では、余裕があると言える。これについてどう思いますか。一緒に議論してください。【科学技術は生活態度である】

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。