落石が出る?仙龍8 Gen 1の転覆原因はほぼ確定し、多くの人が予想していなかった。

週知のように、デジタル圏に大きな期待を寄せられている仙龍8 Gen 1は、チップのエネルギー効率が再び逆転し、実際のCPUのエネルギー効率は仙龍888よりもかなり後退した。仙龍8 Gen 1の「逆アップグレード」による負の影響は、仙龍888よりも大きいことに注意してください。
竜888も「火竜」だが、同時期にはもっと強力な競争品がないからだ。当時、キリン9000は求められず、天玉1200は竜870に弔打された。竜888は消費電力が高いが、Androidハイエンドマシンの唯一の選択です。
しかし2022年には、すべてが変わりました。携帯電話メーカーが、赤米K 50シリーズ、Aceシリーズ、Realme GT Neo 3シリーズなど、聯発科モデルの発売にますます夢中になっていることがわかります。明らかに、仙龍8 Gen 1の本当の実力について、各大手携帯電話メーカーは口でははっきり言わないが、心の中ではよく知っている–同等の価格帯であれば、連発科の天玉チップは、総合競争力が高通仙龍を超えており、価格も安い。問題が来て、実は多くの人は1つの問題を理解していません:明らかに技術はサムスンの5 nmからサムスンの4 nmまで昇格して、CPUアーキテクチャはまだ昇格して、どうして竜の8 Gen 1のCPUのエネルギー効率はかえって後退しましたか?
答えがやっと来ました。極客湾は最近、携帯電話チップのエネルギー効率テストデータを発表しました。彼らは全部で5000組以上のデータをテストし、竜8 Gen 1の電力消費量が逆転した肝心な原因を得ました。まず、竜8 Gen 1の消費電力が転覆した原因は、サムスンの4 nm技術が必ず鍋を背負うからだ。天玉9000、竜8 Gen 1は最新のARM V 9アーキテクチャにアップグレードされており、CPU部分はX 2大コア、A 710大コア3個、A 510小コア4個で、違いは周波数が異なるだけで、3級キャッシュが異なることはよく知られています。
しかし、CPUのマルチコア消費電力が8 Wの場合、天玉9000の走点は明らかに高く、20%前後リードする可能性があります。これは、同じ8 Wの消費電力の下で、サムスンの4 nm技術の性能は、台積電の4 nmにはるかに遅れており、基本的には、サムスンの4 nm技術の4 nm台積電の4 nm世代に遅れており、同等の先進的な技術ではないと考えることができることを意味しています。第二に、ARMの公式な説明によると、A 710は前世代のA 78大核よりも、同電力で10%性能が向上し、同性エネルギーで30%エネルギー効率が向上した。しかし、ARMが理論的な性能を向上させるのは、紙麺の「デジタルゲーム」にすぎず、実際の状況は全く逆だとは思わなかった人が多い。竜8 Gen 1の股を引っ張るのは、サムスンの4 nm技術の頭のせいではなく、ARMも鍋を背負わなければならない。
すべての要素を排除し、CPUアーキテクチャ、技術、エネルギー効率だけを見ます。私たちは明らかに見ることができて、台積電気の4 nmのA 710大核を採用して、エネルギー効菓は甚だしきに至っては台積電気の5 nmのA 78を採用するよりも遅れて、ただ少し台積電気N 7 PのA 77大核を採用するより良いだけです。最も重要なのは、サムスン技術を採用したプロセッサでも、A 710の大コアの表現は非常に似ていることです。簡単に言えば、台積電技術を採用しても、サムスン技術を採用しても、A 710はA 78と比較しても適切な後退である。
興味深いことに、全面的な比較を行ったところ、単純にチップのエネルギー効率比だけを見ると、天玉8100のエネルギー効率曲線はA 14にほぼ匹敵するが、限界性能が少し悪いことが分かった。携帯電話の点数を気にせず、エネルギー効率、発熱にもっと注目すれば、天玉8100は間違いなく最も考慮すべき選択です。しかし、正直に言うと、天玉8100が優れているわけではなく、A 78大核+台積電5 nm技術を採用しており、すべての雷を避けています。【科学技術は生活態度である】

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。