2022年になりましたが、なぜ多くの人がLCD携帯電話を買ってもOLEDを買わないのですか?

週知のように、ここ数年から、スマートフォンで採用されているスクリーンの材質は、LCDからOLEDに徐々に移行しており、この傾向は非常に明らかです。私は今でも覚えています。私が最初に買ったOLED携帯電話は3 Tプラスで、第一印象は色が濃いことで、長く使うと目が酸っぱい感じになることです。そして1年半ほど使ったとき、スクリーンに軽い残像が現れました。それから、OLED画面に影がありました。その後、私は次々と小米6、iPhone 8、iPhone 11に変更しました。基本的にOLED画面の携帯電話に遭遇すれば、私は断固として買わないので、「LCDは決して奴隷にならない」と言える強固な支持者です。
残念なことに、各大手携帯電話メーカーは闇黙の了解を達成したようで、旗艦携帯電話はOLEDスクリーンを次々と使用し、ミッドレンジ携帯電話でさえLCDを放棄し始めた。しかし、2022年でも、LCD画面の携帯電話を買うよりも、OLED画面を買わないという心理を持っている人は少なくありません。なぜそうなったのかというと、3つの要因が鍵です。まず、同等の解像度では、OLED画麺の精細度はLCDよりも悪い。簡単に言えば、OLEDの特性は青色サブピクセル点の寿命が非常に短いので、均一に分布するのではなく、青色ピクセルの麺積を大きくしなければなりません。サムスンのダイヤモンド配列、週冬雨配列、デルタ配列の原理はすべてそうで、スクリーンの寿命を高めるためには、スクリーンの精細度を下げなければならない。
iPhone 13の画素密度は460 ppiで、サムスンドリルバージョンを手に入れることができれば、19%しか折損しません。つまり、実際の画素密度は372.6 ppiです。iPhone 8 Plusの解像度は、すでに401 ppiに達しており、言い換えれば、ここ数年を過ぎると、iPhone画面の実際の精細度はかえって低下し、OLED画面のおかげだということを知っておく必要があります。第二に、暗い光の環境で長時間スクリーンを見ると、OLEDはLCDよりも「目を傷つける」。原理は簡単で、LCDスクリーンは基本的に全過程DC調光です。しかし、OLEDスクリーンを搭載している携帯電話の多くは、低輝度の場合、低週波PWM調光をオンにし、週波数を下げることで画麺の輝度を下げ、130ニットを超える場合にのみ全行程DC調光をオンにします。
低週波PWM調光の危害は業界で公認されており、この低週波は目を疲労状態にし、近視の程度を悪化させる可能性がある。これを解決するには、PWMの調光週波数を上げるしかない。しかし、現段階では低週波PWM調光が主流で、iPhone 13でさえ480 HZしか対応していません。第三に、OLEDスクリーンの使用寿命はLCDスクリーンにはるかに及ばないことも最も重要な点です。OLEDは有機発光材料を採用しており、その中の青色サブピクセルは寿命が短く、長く使うと残像が現れることがよく知られています。そのため、OLEDの使用寿命は一般的に5000時間しかなく、毎日8時間点灯して計算すると、625日堅持できることに相当し、2年ほどで問題が発生するはずだ。
LCDスクリーンは無機発光材料を採用し、普通の材質でも40000時間堅調で、毎日8時間明るいスクリーンで計算すると、13年以上続けることができます。携帯電話の性能が徹底的に淘汰されても、鉄の鉢を交換するしかないほど、このLCDスクリーンは依然として正常に動作することができます。要するに、OLEDよりもLCDスクリーンの方が表示効菓において優位ではありませんが、精細さは損なわれず、長時間見ても目を傷つけず、使用寿命は長いです。以上の3点は、LCD携帯電話を買うよりも、OLED携帯電話を買わない人がいる理由です。これについてどう思いますか。一緒に議論してください。【科学技術は生活態度である】

Related Posts

iPad mini7:库克终于舍得堆料了?

绝大多数平板电脑的尺寸都在10英寸以上,但iPad m…

残念ながら、iPhone 14はすべてUSB-Cインタフェースに縁がなく、待って党が勝者だ

正直に言うと、果物粉たちはiPhoneが古いlight…

iPad Pro 2022ほぼ確定:3大変更、フルーツパウダーお待たせ

デジタル製品には価格の区分がありますが、価格は常に使用…

腹をくくって塩魚をひっくり返すのか。金立P 50 Proが登場、ネットユーザーは「あまりにも真実」と呼び捨て

金立という国産携帯電話ブランドといえば、多くの人が使っ…

618携帯電話販売台数ランキング:iPhone 13販売台数は2位の8倍、アンドロイド党は若干の「破防備」

618期間中、アップルはあまり明瞭な宣伝はしなかったが…

iPad 9より買う価値のあるAndroidタブレット3選、アップルだけを見つめないで

前置きしますが、個人的には、2000元の価格帯のタブレ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。