あまりにも巻すぎて、Aceの競争速度版を加えると:天玉8100は1899元まで売っていますか?

口コミが徐々に発酵するにつれて、デジタル圏は2022年の総合的な価格比で最も香りの良いチップであり、天玉9000ではなく、竜8でもなく、天玉8100であるという共通認識を形成した。大手携帯電話メーカー各社が、天玉8100を搭載したミッドレンジモデルを積極的に発表しているが、天玉9000に対する態度は冷たいことがわかる。
これは、天玉9000、仙龍8が採用したARM V 9アーキテクチャでは、32ビットアプリケーションを完全にサポートすることができず、32ビットアプリケーションを実行する際にはA 710コアでしか実行できず、A 510コアのエネルギー効率の優位性を発揮できないためです。天玉8100が採用したA 78+A 55の古いアーキテクチャは、32ビットのアプリケーションを完全にサポートし、いかなる状況でも電力消費の異常な問題が発生せず、価格的な優位性もあります。赤米K 50が天玉8100機種の性価比天井だと思っていたとき、局麺が逆転し始めた。よく知られていますが、この間、Aceを追加して発表しました。150 W速充、天玉8100、IMX 766を使用し、定価は2499元で、赤米K 50に正式な挑戦を提起しました。しかし、赤米K 50に比べて、Aceを加えると価格優位性がなく、傾向のセールスポイントが異なるだけです。
意外なことに、Aceを加えると前菜だけで、本当の大技はまだ後になり、価格戦が始まります。最近、一加は新しい天玉8100の新機を発表し、一加Ace競争版と命名した。この携帯電話の核心的なセールスポイントは、一言で言えば、現段階で最も低価格な天玉8100機種です。その8+128 GBバージョンは1899元で、100元加えると8+256 GBバージョンが買えます。コストを抑えるために、Aceの競争速度版を加えると、性能以外にも多くの妥協をしました。簡単に言えば、Aceの競争速度版を追加したプロセッサは天玉8100-MAX(AI性能を少し向上させた)で、LPDDR 5+UFS 3.1満血メモリの組み合わせ、標準版は8 GB+128 GBで、頂配は12 GB+256 GBを選択でき、コア性能部分はすべて満タンになっています。
妥協点が多く、その急速充電案は5000ミリアンペア+67 W急速充電で、Aceを加えると急速充電速度を大幅に低下させたが、電池容量を向上させ、かろうじて十分なレベルとなった。主撮影は6400万画素のOV 64 Bで、実力はIMX 586より弱く、適切な中低端主撮影である。スクリーンはペガサスからの6.59インチ120 Hz直麺で、6速変速をサポートし、タッチサンプリング率は240 HZしかありません。スクリーンの材質はLCDなので、側面指紋しか使えません。簡単に言えば、Aceの競争速度版は久しぶりのLCDミッドレンジですが、スクリーンの素質にあまり幻想を抱かないことをお勧めします。本体の材質はプラスチック中枠、プラスチック後蓋で、重さは205グラムです。
意外なことに、今回Aceの競争速度版を加えると3.5 mmのイヤホン穴が残っています。赤米K 50には3.5 mmのイヤホン穴がないことを知っておく必要があります。3.5 mmのイヤホンホールを残すことは、消費者が安価で耐久性のある有線イヤホンを選ぶことができ、TWSイヤホンのためにお金を無駄にする必要はなく、低予算ユーザーに最適であることを意味します。本当に中低端市場に根を下ろすために、方向が本当に変わったようだ。多くの米粉は「加えると巻きすぎて、K 50は少し危険だ」と話している。正直に言うと、前にハイエンド市場に衝撃を与えるために、やり方は非常に急進的で、旗艦機の定価は途中で3000元から5000元まで探し出された。今年は、プラス10 Proのようなハイエンド機も発売されていますが、2000元から3000元の価格に力を入れています。
これはあるブロガーの言うことを思い出しました。一部の携帯電話ブランドは、竜8の新機を生産停止し、ハイエンド機の生産能力を減らしたこともあります。言い換えれば、携帯電話業界は下り坂になっているので、みんな戦線を収縮していて、やり方はますます保守的になっています。Aceの競争版の登場は、良心の発見ではなく、やむを得ず行われたものだ。これについてどう思いますか。一緒に議論してください。

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。